青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」45話のネタバレ感想!感情を爆発させる真澄

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、第45話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

前回は、ケンスケやシンゴ、クラスの女子たちと一緒にトーマの話をすることになった太一。
でも途中から意見が衝突し合ってシンゴが女子を帰らせてしまうという展開に。

一方、真澄とマミと一緒にいた二葉は、トーマと太一の関係について「私が真澄ちゃんから告白されるようなものなのかな…」とつぶやく。

それを聞いた真澄はドキッとする。という終わり方でした。
果たして、真澄の気持ちも二葉本人に伝わってしまうのか。

*前回44話のあらすじはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

青のフラッグ45話のあらすじ・ネタバレ

●二葉の言葉に思わず立ち上がり、「ごめん、用事思い出した」と急に帰ってしまう真澄。

「二葉ははまだマミと話してなよ」と言う真澄に、二葉は「何か悪いことしたかな」と心配する。

追いかけたマミに対して「何でもないから!」と怒る真澄。その態度から、マミは真澄の気持ちに気が付いた。

青のフラッグ45話のあらすじ・ネタバレ

 

●一方、女子2人を帰らせた後、3人で話していた太一とケンスケとシンゴ。

「おれが嫌なもんは嫌だし、トーマといままで通りにはできない」と言うケンスケに対して、「おれはもう電話で仲直りしたからこれまで通りにするよ」というシンゴ。

 

●真澄を追いかけていったマミは、「空勢さんのこと好きなの?」と聞く。

「だったら?」と答える真澄。「分かるわけないでしょ、あんたに。一緒にしないでよ、言いたいこと何でも言えるあんたに、言えない人間の気持ちなんてわかんないでしょ」

すると、「同じじゃなかったら何?そんなのお互い様じゃん。自分が特別だとでも思ってんの?」と言い返すマミ。
「自分とは違うって、他人のこと見下して、分かろうともしてないのはあんたじゃん」

「あんたに何が分かんのよ!何も知らないくせに私のことなんて」

「分かるわけねえじゃん、分からせる気もねえくせに!分かってほしいなら言えっての」

「言えない、のレベルが違うのよ!」

青のフラッグ45話のあらすじ・ネタバレ

 

「私だって気が付きたかったのに…。そんな顔すんならさ…、あたしだって分かりたいよ」と、涙をこぼしながら真澄の腕を強くつかむマミ。「一緒じゃなきゃわかんないって言われたって、同じになんてなれないじゃん!」

それを見て真澄も涙をこぼす。

そこから2人とも涙を流しながら掴み合った。

青のフラッグ45話のあらすじ・ネタバレ

 


スポンサーリンク
?

 

45話を読んだ感想

自分の中で悩みをためてしまいがちなキャラが多いこの漫画の中で、ある意味マミがいちばん男らしくて、個人的に見ていて気持ちがいい。
今回の、怒る真澄に対して「分かるわけねえじゃん、分からせる気もねえくせに」と言い返すところもそう。

たしかに、もし自分が真澄の立場だったら誰かに話せるかっていうとたぶん難しいと思う。でも、そのままでいても良い方向に向かうことは無いと思う。
多少無理やりにでもこじ開けてくれる同性の友達がいることは大きいと思うし、真澄も本当はトーマ以外にも正面からこういう話ができる相手を求めていたはず。

真澄の場合は複雑ではあるけど、シンプルにひとつの恋愛だと考えれば、女性同士で相談するっていうのは本来自然なことだし。

二葉への気持ちが叶うことはないかもしれないけど、今回ここで真澄も感情を爆発させられたことはかなり大きいんじゃないかと思った。

 

一方、シンゴはやっぱり嫌いですねー。

今回も太一に「俺がどんな奴かなんて、一ノ瀬君の捉え方次第じゃん?」とか言ってたけど、何やねん、どうしたいねんって思う。無駄に理屈っぽくて、いちばんめんどくさいタイプですね。

 


スポンサーリンク
?