青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」最新44話のネタバレ感想!ケンスケとシンゴの言い分に無理を感じる回

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、第44話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

マミの話から、文化祭の日に起こった喧嘩の真相がわかった前回。
そして太一は、ケンスケとシンゴと話をしに会いに行く。
一緒に行ったマミの友達2人も含めて、5人でどんな話をするのか。

*前回43話のあらすじはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

青のフラッグ44話のあらすじ・ネタバレ

●ケンスケの家でシンゴと女子2人と話す太一。

喧嘩になった理由を聞くと、ケンスケは「嫌だったんだよ、あいつがそんなこと言うのが」と言う。

「バカかよ、ガキくさ。クソ迷惑」という女子たち。

「俺からしたら正直キモイよ男同士でとか」

「おめーの考え方の方がキモイよ。おまえがキモイんであってトーマはきもくねーから」

青のフラッグ44話のあらすじ・ネタバレ

 

●ケンスケは、「おれにとって、女は全員どうしたって恋愛対象になる。男と同じになんか扱えない。そもそも体の作りも違うし。だから、男同士でとか、意味が分からねえ」と言い出す。

しかしそれも「おめーの価値観なんてどうでもいいし、わからねえからって否定すんなよ」と言い返される。

「誰が誰を好きになったっていいじゃん。感情なんて自然とわいてくるもんなんだから。それを攻撃する必要ある?好きって感情はいいけど、嫌いって感情は周りに不快しか与えねえんだから」

 

●すると、黙っていたシンゴが「お前らがやってること、ケンスケがしたこととどう違うんだよ?」と話し始める。

「ケンスケのことをわけわかんねえって、ぶん殴ってんじゃん。感情が仕方ないなら嫌だっていう感情だってそうじゃねえの?周りと違う意見の奴は消えろってか?」

青のフラッグ44話のあらすじ・ネタバレ

「いや、トーマは何にもしてないのに、勝手に話聞いて勝手に突っ込んでいって。トーマは誰にも迷惑かけてないし、ケンスケには関係ないじゃん」という女子たち。

しかしケンスケは「関係あるよ。ダチだから許せなかった。あと、おれ男に痴漢されたことあるんだよ。」と言う。

「でもそんな男が全員そんなことするわけないし、それってトーマへの信頼の問題でしょ?」

しかし結局、シンゴに「自分中心で相手見てねえのどっちだ」と言われ、女子2人は帰らされた。

 

●一方、3人で話していた二葉と真澄とマミ。
マミは「空勢さん大丈夫?こんな噂の渦中になっちゃって」と聞く。

二葉は「太一君はいまどう思ってるのかなって想像して。ずっとそばにいた大事な友達から告白されたら何を思うのかなって。それって私が真澄ちゃんから告白されるような感じかなって。大切な友達から告白されたら、私は…」

青のフラッグ44話のあらすじ・ネタバレ

 


スポンサーリンク
?

 

44話を読んだ感想

かなり会話の文字数が多く、またちょっと哲学的?な内容も多かった今回。

トーマとケンスケのケンカに入ったときもそうだったけど、個人的にはシンゴのスタンスがいちばん嫌いですね。

何かいちばん冷静に正しく見れてる感が出てるけど、今回の件でいえばどう考えてもケンスケが100%悪い。女子2人が言ってることがほとんど正解だと思う。

「ケンスケの感情も無視すんな」って、それはじゃあ何となくムシャクシャしてたから人を殴ったっていう奴の感情もわかってやれって言ってることに近い気がして、まったく共感できなかった。嫌いっていう感情がわくのは仕方ないけどそれを外に出してしまったら無茶苦茶な世界になる。

まっとうな理由があればまた別だけど、「なんか嫌」っていう感情だけで自分から突っかかって攻撃してる時点で、今回の件でケンスケの事情を分かってあげる必要なんてゼロだと思う。

そして、最後は二葉がちょっと危ない発言をしそうになってました。その続く言葉によっては真澄の感情が大きく動くことになりそう。

次回45話は、6/19(水)の配信予定です。


スポンサーリンク
?