青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」40話のネタバレ感想!ついに秘密を話してしまうトーマ…?

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、最新第40話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

*前回39話のあらすじはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

青のフラッグ40話のあらすじ・ネタバレ

●マミにメイクしてもらうことになったトーマ。
真剣な目つきでメイクし始めるマミ。

そのとき、ケータイを落としたケンスケが、トーマたちのいる教室のほうにやってくる。

「青のフラッグ」40話

 

●メイクを完成させたあと、トーマと楽しく笑うマミ。

しかし、「やっぱりトーマ、女の子みたいにしていい?」と急に真面目な顔になるマミ。

「トーマ、好き。トーマが女の子だったらよかったのに。それか、わたしが男だったら。そしたらこの「好き」はただの友達で終わって。大事に思ってても誰も文句言わないだろうし面倒くさいことにもならなくて。トーマも変に気を使わなくてよくなって。いちばんの友達になれたかな…」

「青のフラッグ」40話

「ケンスケが何度も告ってくるじゃん?正直マジできつい。好きでいてくれるのはうれしいし、あいつとバカ騒ぎするのも楽しい。好きって気持ちは何も悪くないと思う。でも、だからってあたしがケンスケを好きになれないのを、責められたくもないし、自分で責めたくもない。トーマにもそんなふうに思ってほしくないし、このまま友達でいたい。でも、トーマはわたしと友達でいるのはいや?」

マミがそう聞くと、トーマは静かに答える。
「マミおれさ、好きな人がいる。好きなのは…」

「青のフラッグ」40話

 

●2人の会話を教室の外で聞いていたケンスケは、トーマの答えを聞いて急に教室に入っていった。

「それどういうことだよ!トーマ」

「言ったとおりだよ」と答えるトーマ。

 

●一方、2人で一緒に体育館で行われていたライブを見ていた太一と二葉。
大勢の観客の中にまぎれて、こっそり手をつないでいた。

「青のフラッグ」40話

そこに、「一ノ瀬!トーマが…」と慌てたクラスメイトから声をかけられる。

 


スポンサーリンク
?

 

40話を読んだ感想

「言ったとおりだよ」とトーマが言っていたので、おそらく「太一」という名前を出したのかな?とも思ったけど、ただそれでケンスケが怒って教室に入っていくっていう行動になるかなというのも疑問。男の名前を出したからふざけてるって取ったのか。それとも、トーマはマミを諦めさせるために別の答えを言ったのか。

最後の慌てていたのは、トーマが軽い怪我したとかですかね。ケンスケっていうやつは大体いつも怒鳴ってる感じなので、あの勢いならそのままトーマ殴っててもおかしくないと思う。

もしトーマが太一の名前を出していて、それが本気の気持ちなのだと太一にも伝わることになれば、今後の関係性に大きく影響を与えてしまいそう。

マミとかはわりとすんなり受け入れてくれそうだけど、太一からすればやっぱり衝撃は大きいだろうから。

そして、もしトーマが秘密を告白したことを知ったら、伊達も二葉に告白するっていう展開もありえるかも?

次回41話は、2/13(水)の配信予定です。

 


スポンサーリンク
?