青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」38話のネタバレ感想!ヒミツを明かす真澄とトーマ?

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、11月21日に配信された第38話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

今回は、自分たちだけの秘密を抱えてきたトーマと真澄が、ついにそのことを人に打ち明けるのか…?という、気になる展開。

 


スポンサーリンク
?

 

青のフラッグ38話のあらすじ・ネタバレ

●一緒に文化祭を回る太一とトーマ。

人酔いしたという太一は、人がいない校舎裏のベンチに行って屋台で買ったクレープを食べようと言う。

 

●一方、トーマの兄・誠也の奥さんであるアキさんとカフェで話す真澄。

トーマは自分のことをあまり話してくれないが、「あの子にはできるなら何も苦労なんてせず、幸せになってほしい」というアキ。

すると真澄は、「アキさんが願うトーマ君の幸せって、どんな状態のことですか?」と聞く。

「それは、毎日笑顔でいられることかしら」と答えるアキ。

「もしその笑顔が心の底からの笑顔ではなく、周りの大切な人達のためにつくられた笑顔だとしたら…?」と言う真澄。

「私は周りの大切な人たちが笑顔でいてくれたら幸せです。私のことで迷惑なんてかけたくない…。立派で誇れる自分でいたい。親の安心って何ですか?人と同じように普通に生きることですか?」

「真澄ちゃん、何を悩んでるの?」

「私は…好きになる人が…普通と違うんです」

「青のフラッグ」38話

 

●校舎裏のベンチで2人でクレープを食べながら話すトーマと太一。
「おまえ結局進路どうした?」と聞く太一。

トーマは「誰かのアドバイスに従って正解するより、自分で選んで失敗するほうが後悔しないかなって。野球部のOBから仕事誘われてるから、そのどれかにしよっかなって」と、職人系の仕事に就く予定だという。

それを聞いた太一は、「おれもお前みたいに、将来に何の不安もなく好きなことして生きられたらなー」と言う。
「お前はきっと何でもできそうだし、どこいってもたぶん成功するだろ。だいたい、まず失敗してもいいやと思えるのがすごいよ。失敗しても自分の力で何とかできるっていう自信があるってことだろ?」と。

 

●それを聞いて、怒り出すトーマ。
「失敗してもいいやなんて思ってねえよ。俺のことなんだと思ってんだよ。おれだっていろいろ不安しかねえよ。上手くいかねえことばっかりだし。何もできることねえからとりあえずやってみねえとって…。俺が何も苦労してねえみたいに言うんじゃねえよ」と。

「青のフラッグ」38話

 

太一は、「そんなこと言ってねえだろ。お前が苦労してきたのは知ってるし。でも、お前が才能や人望に恵まれてるのは事実だろ?だからどんな道選んでも、きっと俺なんかよりも幸せになれちまうんだろうなーって」と言う。

するとトーマは立ち上がり、ベンチに座る太一に覆いかぶさるようにして「おれがいま一番願う幸せって何だと思う?」と言う。

「青のフラッグ」38話

 


スポンサーリンク
?

 

38話を読んだ感想・考察

真澄とトーマの反応やなかなか話せない様子を見ると、やっぱり同性愛って特に思春期の子にとってはかなりしんどいものなんだろうと思わされた回。

特に真澄の「親が望む幸せってみんなと同じ普通であることですか?」っていうのは、読んでるこっちも胸が痛くなるような言葉です。

さらにトーマも、まさか太一本人に言ってしまうのか?という展開に。まあ太一の発言は普通にそれはトーマも怒るやろっていうぐらい言い過ぎ感はありましたね。たしかにトーマは性の悩みさえなければかなりのチートキャラではあるものの。

とはいえ、長く焦らされる展開が売り?のこの漫画なので、すぐに打ち明けるってことはおそらくないでしょう。

次回39話は、12/19(水)の配信予定です。

 


スポンサーリンク
?