青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」32話のネタバレ感想!マミの言い分が正論すぎて好感

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、7月4日に配信された最新第32話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

前回、二葉やまわりに勘違いされるから、マミに少し距離をおいてほしい的なことを言った太一。
しかし、いろいろあって結果、太一とマミが手をつないでいる?シーンを二葉と伊達に見られてしまう。

*前回31話のあらすじはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 

スポンサーリンク
?

 

青のフラッグ32話のあらすじ・ネタバレ

●カフェで向かい合って話す、太一とマミ、二葉と伊達。
「で、どういうことなのよ?」と伊達。

マミは、「健助とけんかになったから、一ノ瀬の手を引っ張って避難しただけ。これぐらい男同士だったら普通じゃん。なんでそれが男女になるとダメなわけ?」と言う。

伊達「普通じゃない人もいるでしょうが」

マミ「じゃあお互い様。わたしにとってはその考え方が普通じゃねーもん」

 

●「なんで急に一ノ瀬に興味持ったのよ?」と続ける伊達。

マミは「男女で友達ってそんなに変かよ?そんなに悪いわけ?男女なら何でも恋愛になっちゃうの?」とヒートアップし始める。

「私はこれまで一度だって人の恋をどうこうしようなんて思ったことねーんだよ!逆にみんなはそうなのか?いつも異性に意識されたくて、同性のやつらを蹴落としたいと思ってんの?怖いわ、バカかよ」

f:id:fluuche:20180719205413p:plain

 

●二葉は、「2人が仲良いの、嫌でした。でもそれは私が自分に自信がないから不安で…」と言う。

マミの話を聞いていた伊達は、「勝手なイメージで決めつけてたのは悪かった、ごめんなさい。でも、なんで突然太一なのよ?夏休み中はむしろ邪険にしてたじゃない」と聞く。

すると、「トーマにフラれたから。彼女にはしてもらえないから、少なくとも親友になりたいと思った。だからトーマの親友の一ノ瀬にあこがれてたの…。でも男女で親友とかやっぱ無理なのかな…」と本音を話し始めるマミ。

f:id:fluuche:20180719205436p:plain

 

●「八木原さんは男の子になりたいとか思うの?」と聞く二葉。

すると「まさか?あこがれはあるけど、私は私が大好きだもん。それにトーマに女の子として大事にしてもらえたとき、女の子に生まれてよかったって心の底から思ったんだ」と言うマミ。

その話を聞いていた伊達はショックを受けているようだった。

f:id:fluuche:20180719205455p:plain

 

●その後、店を出て別れた4人。

太一は二葉に、「ごめんな心配かけて。お前と一緒にいる時間が一番大事だから、お前が最優先だよ」と照れながら言った。

f:id:fluuche:20180719205512p:plain

 

スポンサーリンク
?

 

32話を読んだ感想・考察

セリフが多くてなかなかボリューミーな回でしたね。
今回のマミの意見はほぼ完全同意せざるを得ない正論でした。どっちが筋が通ってるかっていうとマミだと思うし、個人的にはマミのある意味女っぽいくない考え方にかなり好感を持てました。
いちばん純粋な気持ちを持ってる子のように感じますよね。

すごく複雑な難しい感情だと思うし、これをマンガで表現するっていうのはなかなか新しいことだと思った。

次回、33話は8/1(水)の配信予定です。

スポンサーリンク
?