青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

青のフラッグ2話のネタバレ・感想!2話はネットでの無料配信はすでに終了

第1話の段階ですでにハマってしまった青のフラッグ。(第1話のネタバレはこちら→

青のフラッグ1話のネタバレ・感想!純愛か三角関係かそれともBL(同性愛)なのか )

 

第2話のあらすじ・ネタバレや感想などもまとめていきます。

ちなみに第2話はすでにネットでの配信が終了。ネットでは1話と最新の2話分?が読めるようになっているみたいですね。

発売されているコミック1巻では第1話~5話までを読むことができます。

青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)

青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)

 

 


スポンサーリンク
?

 

2話のあらすじ・ネタバレ

前回の第1話では、いろいろありつつも、最後には二葉のトーマへのアプローチ?に協力すると決めた太一。

それが上手く進んでいくのか。第1話でも、トーマがたまに2人のほうを真面目な目で見ている様子だったのもちょっと気になりますね。

以下、第2話の流れです↓

 

●「トーマのこと協力する」と二葉に伝えた太一。

その次の休み時間、トーマが太一のもとに英語の宿題をやっていたら写させてほしいとやってくる。

太一はさっそく二葉を巻き込もうと、二葉にノートを見せてほしいと言う。

 

●しかし、二葉は宿題のノートを家に忘れてきてしまっていた。結局、太一のノートをトーマと二葉が一緒に写すことになった。

 

●ただ、その後で、太一は二葉に「本当にただ一緒に写してるだけじゃだめだろ、もっとトーマの好みになるようアピールしなきゃ」と怒る。

すると、前に太一が言っていたトーマの好きな人について聞く二葉。

 

●太一によると、その好きな人というのは半分太一の推測。中学の時にトーマから好きなタイプについて聞いて、しかもそのタイプにドンピシャな人がトーマのそばにいるため、太一はその人のことだと勝手に思っていた。

 

●そのタイプとは、大人っぽくて、はっきり物を言い、身長が高くて、巨乳で、スポーティな女性。二葉にはどれも当てはまらないものばかり。

そこでまずは二葉のおどおどした喋り方を変えていくことに。

滑舌をよくしてはっきり喋れるように、滑舌をよくする表情筋トレーニングを一緒に始める太一と二葉。

 

●さらに、身長と巨乳はいったん諦め、スポーティになるため、学校の外を走ったり、野球のルールを勉強して覚えようとしたりする。

二葉は、大変だけど頑張れてる気がする、と太一に感謝する。

 

●太一は、トーマを好きになったきっかけについて二葉に聞いた。

すると、以前に二葉が園芸部で育てていたトマトの苗に、野球部のトーマがボールを当ててしまったことがあった。その後、その苗のことを心配していたトーマは毎日その苗の様子を見に来た。そして最終的にトマトの実ができたときには喜んで一緒に食べた。

それが二葉はうれしくて好きになったのだった。

 

●その話を聞いて、なぜかイライラしてしまう太一。
「(バカだろ、ありえない。これは、そんなんじゃない…)」
必死に気持ちを抑えようとする太一。

そして、「こんどの日曜日ってヒマ?」と二葉に聞く。

 


スポンサーリンク
?

 

2話を読んだ感想・考察

二葉とトーマではなく、むしろ二葉と太一の仲がどんどん深まっていっている感じの第2話。

最後には、太一が二葉に対する自分の気持ちを抑えつけようとするシーンもありました。

まあ客観的に見ていると、二葉とトーマより、二葉と太一のほうがカップルとして合ってる感じはしますよね。

 

今回、太一が言っていたトーマの好きなタイプにドンピシャな人が近くにいるっていうのは気になるセリフですよね。

昔から知っている近所のお姉さんとかそんな感じなのかな?

ずっと好きなのにそれでも付き合ったりしていない、おそらく告白とかもしていない…となると何か訳ありなのか。トーマもトーマで、明るく何不自由ない感じの好青年に見えて、何か抱えてそうな雰囲気もありますね。

次の第3話も気になる。こんどの日曜日、何をするんや。

 

*3話のネタバレも更新しました↓

blueflag.hatenadiary.jp


スポンサーリンク
?