青のフラッグ/最新話ネタバレ・感想まとめ

漫画「青のフラッグ」の最新話を含むネタバレや感想・考察・伏線などをまとめていきます。青のフラッグはネットで無料で読める、少年ジャンププラスで連載中のKAITOによるマンガ作品です。

「青のフラッグ」最新15話のネタバレ・感想!太一と二葉が手を繋ぎ、関係に進展が?

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、7月19日に配信にされた最新第15話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

前回14話では、病院でトーマの兄・誠也と話し込む太一。

誠也は、両親を事故で失っていたこともあり、無茶をした太一とトーマに対して怒りもぶつけつつ、「何かあればおれに相談しろ」と笑顔で別れる。

そして誠也と病院で別れた太一は、帰りの駅で、太一を探していた二葉と出会う。
二葉はトーマの伝言を伝えにきたはず。その内容は何なのか?

*14話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

15話のあらすじ・ネタバレ

今回は、2人で話す太一と二葉。しかし、太一のトーマに対する複雑な感情から、ちょっとした言い合いになってしまい…?

15話の流れは以下の通り↓

 

●二葉と太一は、動物園などが入っている広い公園にやってきた。しかし、もう閉園時間で門は閉まっている。

そして、門の外で座って話し始める2人。

 

●太一は、「おれ、何であいつの友達なんだろう…」とつぶやく。

昔からトーマは何をやっても上手くできた。逆に何をやっても不器用だった太一は、トーマのことをかっこよく、自分とは違う存在だと感じてきた。

「おれはやることなすこと、全部裏目だ。迷惑かけて足引っ張るばかりだ…」

f:id:fluuche:20170719003441p:plain

 

●「そんなことないよ。私は太一君にいっぱい助けられたし、すごいところもいっぱいあるよ」と返す二葉。

しかし、「お前なんでここにいるの?お前が好きなのはトーマだろ?」と言う太一。

「俺なんかより、大事なトーマのそばにいてやれよ!俺は自業自得なんだよ!できないやつは何もしないほうが良かったんだ…。おれはお前が好きな男に怪我させたんだぞ。そんな最低なやつほっとけよ」

f:id:fluuche:20170719003507p:plain

 

●「太一くんもトーマくんと同じくらい大切な人だよ」と、反論しようとする二葉。
しかし、声を荒げて続ける太一。

「お前だって、結局好きなのはトーマじゃねえか!いいからもう行けよ!」

「大事な人がたくさんいたらいけないの?」と悲しそうに言う二葉。

「男と女に関してはそうだ…」

f:id:fluuche:20170719003355p:plain

 

●目に涙をにじませた二葉は、太一の手を強く握り引っ張って、走り出した。

ちょうど降り始めていた雨を避けるため、屋根のある場所に向かう2人。

雨宿りしながらも、2人はずっと手を繋いだままだった。

f:id:fluuche:20170719003333p:plain

 


スポンサーリンク
?

 

15話を読んだ感想・考察

結局、今回はまだトーマからの伝言というのは伝えていない二葉。それはそんなに重要なことじゃないのかな?

今回、二葉がここまで積極的な行動に出たのは初めてで、ちょっと驚きだった。

手を繋いだことをきっかけに、何となく太一と二葉の関係性に進展がありそうな気も。
もし二葉の気持ちが太一のほうに向いてきたら、「フラッグ」の構図がまた変わってきますね。

 

あと今回、太一がトーマに対して、自己嫌悪的に感じていた「あいつに降りかかる悲劇でさえ…」というのは、何となくちょっと分かる気がした。

トーマの場合は、今回みたいな事故でさえ、ある意味ちょっとかっこよくなってしまうキャラだし…。

太一のトーマに対する感情は、そもそも小さい頃からのコンプレックスがある上に、好きな子までトーマのことが好きと、かなり複雑ですね。

次回の16話は、8月2日(水)の配信予定です。

 


スポンサーリンク
?

 

「青のフラッグ」14話のネタバレ・感想!扉絵の手のポーズの意味が気になる

青のフラッグ14話(7/5配信)のあらすじ・ネタバレや感想をまとめていきます。

前回13話では、猫を助けようとした太一を助けたことで、足を骨折し入院してしまったトーマ。

そこに太一も見舞いに行ったものの、トーマの「お前より大事なものなんてあるか!」という言葉に、病室を飛び出してしまう太一。

そんな太一は、病院を出ようとしたところで、トーマの兄・誠也と出くわす。
という流れでした。

*13話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

14話のあらすじ・ネタバレ

トーマが入院している病院で、偶然出会った太一とトーマの兄・誠也。
今回はこの2人の話が中心。

以下、14話の流れです↓

 

●トーマから太一への伝言を頼まれた二葉は、病院の出口に向かうが、太一を見つけられず。
病院の外まで走って出て行く。

 

●一方、太一はトーマの兄・誠也と病院の隅にあるソファで2人話していた。

「折れたって言っても、軽いもんだ。交差点の手前だから運転手もスピードを出していなかった。数か月後にはきれいに治るし、野球だって元通りできる」と、太一をなぐさめるように話す誠也。

それでも変わらず落ち込んでいる様子の太一。

 

●すると誠也は、「正直言えば、おれはお前ら2人ともぶん殴りたいぞ」と言う。

f:id:fluuche:20170705004036p:plain

「うちの両親が死んだ理由って、お前知ってたっけ?」

「交通…事故…」と答える太一。

「そう、飛び出してきた子供を避けて、対向車線のトラックとぶつかった…」

それを聞き、「殴ってください…」と言う太一。

誠也は太一の頭に軽くゲンコツをすると、微笑みながら「おれ的には、誰も死ななくて良かったっていう話だよ。後悔してるならもう二度とするな」と言う。

 

●さらに誠也は「太一、ケータイ貸してくれ。ラインと電話番号交換しとくぞ。何か悩むことがあるならおれに相談しろ。それに、俺の方からもちょっと話したいこともあるからさ」と笑う。

そして、誠也はトーマの病室へ行くため、2人は病院のロビーで別れた。

f:id:fluuche:20170705004105p:plain

 

●誠也の言葉を思い返しながら駅へ向かう太一。

すると駅のホームで、二葉が座っていた。
太一の姿を見つけると笑顔になる二葉。

そして「このあと、暇かな…?」と太一に聞く。

f:id:fluuche:20170705004131p:plain

 


スポンサーリンク
?

 

14話を読んだ感想・考察

今回もいくつかちょっと気になるポイントがありましたね。

●誠也から太一への「俺からも話したいことがあるから」というセリフ

誠也から太一に話す内容ってどんなことなのか。

さすがにトーマは「太一が好き」なんてことを兄に相談したりはしてないだろうし、誠也の様子を見る限り、そこまで重い内容でもなさそう。

トーマの進路に関することとかなのかな?

●二葉が聞いてきたトーマの伝言

最後に二葉がこのあとヒマ?と聞いてたのは、当然トーマの伝言を伝えるためでしょう。

あの病室でのトーマと太一のやりとりから、伝言することってどんな内容なのか、気になる。

●扉絵の手のポーズの意味とは?

そして何より、今回いちばん気になったのは最初の扉絵。
それぞれ手でポーズ?を取ってるけど、これ何かの意味があるのかな?

f:id:fluuche:20170705004226p:plain

このマンガ、たまに扉絵で裏側の意味を示唆したりするときもあるので、今回も何かありそう。

※前は、黄色いチューリップ(花言葉「望みのない恋」)が描かれていたりもしました。

うーん、いま考えたところでは、ちょっと意味が分からん。

【追記】

どうやらこの指のポーズの意味は、アルファベットの手話(指文字)だった模様。

それぞれ、
伊達が「F」
トーマが「L」
二葉が「A」
太一が「G」
を表しているようです。

◎参考 https://blogs.yahoo.co.jp/punky_cat4me/60317068.html

f:id:fluuche:20170705011427j:plain


となると、そこまで深い意味では無かったようですね。まあ前から言われていた通り、この4人の関係性がフラッグを表している、というような意味合いでしょうか。

 

次回は、7月19日(水)の配信予定。

ちなみにコミックスの2巻の発売が8月4日に決まったようです↓

青のフラッグ 2 (ジャンプコミックス)

青のフラッグ 2 (ジャンプコミックス)

 

 


スポンサーリンク
?

「青のフラッグ」13話のネタバレ・感想!トーマの兄・誠也が登場

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」。

6月21日に配信にされた最新第13話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

前回12話では、甲子園をかけて戦うトーマの試合を観戦しにいった太一たち。
しかし、その帰りに、道路に飛び出した猫を助けようと車の前に飛び込む太一。
太一は無事だったものの、周りは騒然としている。
トーマのものらしきバッグが道路に転がっている…。

という気になる終わり方でした。

*12話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

13話のあらすじ・ネタバレ

太一を助けるために、自分も道路に飛び出したトーマ。
その結果事故にあってしまい、おそらく高校野球の試合にはもう出られなくなる。
今回はそんなトーマと太一が2人で話すことになります。

13話の流れは以下の通り↓

 

●太一を助けたことによって足を骨折し入院することになったトーマ。
学校の友達や野球部のチームメイト、そして太一たちも見舞いに行く。

野球部のメンバーと話している様子を見ると、おそらく今後の試合にトーマは出ることはできない。

自分のせいでトーマの野球の夢をつぶしてしまったと、落ち込む太一。

 

●そしてみんなが帰り、病室で2人になるトーマと太一。

するとトーマは「ごめんな、こんなんなっちゃって」と謝る。

それを聞いて思わず叫びだす太一。

「何でお前が謝るんだよ!夢だったんじゃねーのかよ!みんなから信頼されて期待されて、お前が引っ張ってきたのに。お前が怪我したらダメじゃねーかよ!俺のせいで…」

 

しかしトーマも、「夢なんてどうでもいいんだよ!お前より大事なものなんてあるか!」と返す。

f:id:fluuche:20170621002905p:plain

思わず我に返るトーマ。「ごめん、でもとにかくタイちゃんが無事だったからいいんだ。タイちゃんは、その、親友だろ…?」

 

それを聞くと、真顔になってぼそぼそっと何かつぶやく太一。
「え?ごめん、今なんて…?」と聞き返すトーマ。

f:id:fluuche:20170621002931p:plain

 

●そこに、トーマの兄の奥さんであるアキさんが入ってきた。

すると「すみません、僕は帰ります!」と急いで出て行く太一。

あわてたトーマは、ちょうど病室に入ってきた二葉に、太一を追いかけて伝言を伝えてもらうように頼む。

 

●病院の階段を走って駆け下りていく太一。目に手をやり涙をぬぐいながら。

すると廊下で男性とぶつかってしまう。

それがトーマの兄・誠也だった。
「おー、太一じゃん」

f:id:fluuche:20170621003055p:plain

 


スポンサーリンク
?

 

13話を読んだ感想・考察

勢いで完全に太一に告白したみたいな感じになったトーマだったけど、今回いちばん気になるのは、やっぱり太一がぼそぼそっと言った内容ですね。

親友といわれて、あまり嬉しそうじゃなく、真顔になっていたことからも、おそらくトーマにとっては良い内容ではないと思われ。

 

もともとこの物語の最初でも、「トーマと太一は全然タイプが違う」と周りから言われていたし、太一自身もそう感じていたフシがあった。

太一は、今回トーマを事故に巻き込んでしまったこともあって、トーマはもう自分の近くにいないほうがいいとか、そういうふうに考えているのかもしれないですね。

そんなときに「親友」という言葉が出てきて、それに反発するようなことをぼそっと言ったんじゃないかと。

 

あとは、トーマが二葉に伝えた伝言の内容も気になるところ。

そして最後にちょっと思わせぶりにトーマのお兄さんが出てきたけど、何か大きい意味があるんですかね。やっぱりトーマの兄だけあってイケメンですね。

次回の14話は、7月5日(水)の配信予定です。


スポンサーリンク
?

「青のフラッグ」12話のネタバレ・感想!トーマは甲子園行きを決めるも事故に合い怪我?

ジャンプ+で連載中の「青のフラッグ」の、6月7日に配信にされた最新第12話のあらすじネタバレ・感想をまとめていきます。

前回11話では、駅の改札前で話す太一と伊達。

そこで伊達は二葉のことが好きであること、同性愛をにおわせてきました。
そんな伊達に戸惑う太一。

*11話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

12話のあらすじ・ネタバレ

前回はほぼ駅の中の会話だけで終わったのに比べて、今回はわりとボリューミーな感じでした。
ただ、最後は思わぬアクシデントも…。

12話の流れは以下の通り↓

 

●夏休みに入って、学校の自習室で勉強している太一。

すると、二葉から「野球の練習中のトーマに差し入れしたいけど、何あげればいいかな?」とLINEが来る。

翌日に一緒に渡しに行くか、と返す太一。

 

●そして翌日、練習中のトーマのもとに行く太一と二葉。

しかし、同じクラスでトーマに好意をよせるマミがちょうど、野球部のみんなにとアイスと飲み物を差し入れしているところだった。

トーマの分しか持って来ていなかった二葉は渡しづらくなり、トーマの練習が終わるまで自習室で勉強して待つことに。

 

●しかし、二葉は母親が風邪で寝込んでしまったため、早く帰らなくてはいけなくなる。

そして差し入れは、太一からトーマに渡すことに。

 

●そして野球部の練習後、一緒に帰るトーマと太一。

トーマは「次の2回戦も絶対勝って、そのまま甲子園に行ってみせる」と言う。

太一も「昔からのお前の夢のひとつだったもんな」と応援する。それを聞いて喜ぶトーマ。

 

●そして、その言葉通り、トーマたち野球部は試合に勝利し甲子園行きを決める。

スタジアムに応援に行っていた太一たちも盛り上がった。

f:id:fluuche:20170607004851p:plain

(※ここははっきりと優勝して甲子園、とは書かれていなかったものの流れ的におそらく優勝したっていうことなんだと思います)

 

●試合後、スタジアムの外に出て帰ろうとしている太一たち。

ふと、太一の目のすみに、道路に飛び出そうとしている猫の姿が見えた。

小さい頃に、猫を救えなかったことを思い出し、思わず走り出す太一。

それに気が付いた伊達は「ダメ太一!」と追いかける!

 

●道路の真ん中を歩いていた猫の、すぐそばまで車が走ってきていた。

そしてそこに太一が飛び込み、なんとか猫を捕まえることができた。

が、すでに目の前に車が来ていた―。

f:id:fluuche:20170607004813p:plain

 

●しばらく気を失っていた太一。

目を開けると、友達たちが心配そうに顔を覗き込んでいた。

少しのかすり傷はあったものの、太一は無事だった。そして腕に抱えていた猫も元気そうだった。

 

●しかし、太一とは別の場所を心配そうに見つめる伊達や二葉たち。

ふと見ると、4人で買ったあのキーホルダーの付いたカバンが投げ出されていた。

車が目の前に迫ったとき、太一は肩をぐっと押されて突き飛ばされた感覚があった。

「トーマ…?」

f:id:fluuche:20170607004749p:plain

 


スポンサーリンク
?

 

12話を読んだ感想・考察

最後の事故の場面は、一瞬、追いかけて行った伊達が事故にあってしまったのかと思ったけど、伊達は二葉と一緒にいるところが描かれていたので、やっぱりトーマなんでしょうね。

投げ出されていたカバンに、あの4人で一緒に映画を見に行ったときのキーホルダーが付いていたし。ただ、トーマだったとして、どこから見てたんやというのはありますが。

 

太一のことを心配していた友達の反応などを見ている限り、トーマもそこまで重体とかではないのかもしれないけど、少なくとも野球の試合には影響しそうですよね。甲子園に出れないとか。

今回ちょっと分かりづらかったのは、試合の場面が、2回戦に勝っただけだったのか、それとも甲子園を決める決勝戦に勝った場面だったのか。

ただ、「甲子園なんて簡単じゃないだろうけどトーマならやっちゃいそうなんだよな、なんて思っていたら…」というストーリーの流れと、スタジアムで観戦していた太一たちの盛り上がり方などを見ると、おそらく甲子園を決める試合だったんじゃないかと思います。

あと、甲子園って言ってるけど、学校が夏休みに入ってるのにまだ予選の2回戦って、なにげにちょっと時期おかしくないですかね。まあそんな細かいところはいいかもしれないけど。

 

この事故をきっかけに、また大きく展開は動いていきそう。
これまで進路とか謎のあったトーマについて新しいことも分かってくるかもしれませんね。

次回の13話は、6月21日(水)の配信予定です。


スポンサーリンク
?

「青のフラッグ」11話のネタバレ・感想!伊達が同性愛を告白?

青のフラッグの、5月24日に配信にされた最新第11話あらすじネタバレ・感想などまとめていきます。

前回10話は、無事体育祭が終わった後、進路について考え始める太一たち。
太一はトーマの事情も聞き出そうとするものの、結局は聞けずじまい。

そんな中、太一は彼氏らしき男性と会っている伊達を見かける。
しかもその後、伊達はなぜか涙を流す…。

*10話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

11話のあらすじ・ネタバレ

ネットでは、早くからBL・GL疑惑のあったこのマンガですが、今回は伊達がついに決定的といってもいい内容のことを言い出します。これはもはや確定といっていいレベル。

11話の流れは以下の通り↓

 

●駅で涙を流していた伊達と出会った太一は、改札前で2人で向かい合って座っていた。
そして静かに口を開く伊達。

「別れたの、彼氏と。私の方からね。好きになれなかったから」

「好きじゃねーのに付き合ってたの?」と太一。

「だから別れたのよ。良い人で一緒にいて楽しいし男らしくて、こんな私を好きになってくれて…。ねえ、異性に恋するってどんな感じ?恋と友情ってどう違うのかしら」

太一は照れながら「わかんねーよ。けど、一緒にいてドキドキするかしないかみないなことなんじゃねーの?」と返す。

f:id:fluuche:20170524003937p:plain

 

●すると「二葉といるとそんな感じなんだ?あんた好きでしょ?二葉」と真面目な顔で言う伊達。

「好きじゃねーよ、だいたいあいつはトーマが好きなんじゃねえか」と睨み返す太一。

「じゃああんたは性対象との友情、男女の友情は成り立つってことか。じゃあ、同性同士の恋愛は?もし私が二葉を好きって言ったらあんたどうする?」

f:id:fluuche:20170524003755p:plain

 

●そのとき、遠くにいた子供が転んでしまったのを慌てて助けに行こうとする太一。
そこで話は途切れてしまった。

「あんたって優柔不断なくせにおせっかいよね。そんなことばかりしてると本当に大事なところで選択誤るわよ」と伊達。

 

●そしてホームに向かい電車を待つ2人。

「そういえばさっきの話って…」と太一。

「冗談よ。例えばの話だから気にしないで」

そして、「真澄って名前で呼んで、太一。何でわたしだけ伊達って苗字で呼ぶの?」と続ける伊達。

それを聞いて顔が赤くなった太一の頬を「何赤くなってんのよ」と触る伊達。
あわてて手を振り払う太一。

「ドキドキした?やっぱりそれが普通よね…」と悲しそうに言う伊達。
そして伊達は電車に乗って帰っていった。

f:id:fluuche:20170524003836p:plain

f:id:fluuche:20170524003902p:plain

 

●その後、テスト期間に入り勉強に集中する太一。

一方、トーマは野球部の大会で、昨年ベスト8の強豪校相手にホームランを打ち1回戦突破を決めていた。

 


スポンサーリンク
?

 

11話を読んだ感想・考察

伊達が言っていた「もし二葉のことを好きって言ったらどうする?」という発言。
この「もし○○が好きっていったら」は、ほぼ100%といっていいぐらい本当にその通りの場合に使うフォーマットですよね。

「異性に恋するってどんな感じ?」
「やっぱりそれが普通よね…」
などの発言からも、伊達が好きなのは同姓、つまり二葉であることはもう明らか。

そして、以前に伊達はトーマに対して「あんた私と一緒ね」的な発言もしていました。
ということは、やっぱりトーマが好きなのは太一ということなんでしょう。

 

最初はちょっとネタ的にBL・GLと言われているんだと思ってたけど、それがいよいよ現実になってきましたね。

伊達は彼氏とも別れて思い切った発言もしてきているけど、トーマは自分でも伊達に「まだお前と同じにもなれてないよ」と言っていた通り、まだ全然そんなそぶりはない状態。
それがいつ出てくるのか気になるところ。

次回の12話は6月7日(水)に配信される予定です。

 


スポンサーリンク
?

 

「青のフラッグ」10話のネタバレ・感想!伊達の彼氏が登場。涙の理由は?

青のフラッグの、5月10日に配信にされた最新第10話あらすじネタバレ・感想などまとめていきます。

前回の9話では、体育祭が無事に終わったものの、おそらくここから3人(4人?)の菅家に少し変化が出てくるものと思われます。

ひとつ可能性としてあるのは、二葉が自分のピンチを救ってくれた太一のことを好きになるというパターンじゃないかと。

*9話のネタバレはこちら↓

blueflag.hatenadiary.jp

 


スポンサーリンク
?

 

10話のあらすじ・ネタバレ

今回も、やっぱり1話1話は短くて大きくな展開はしていないものの、それぞれが進路について悩んでる感じと、あと伊達さんの彼氏が出てきます。それにまた太一が巻き込まれるっぽくて…?

10話の流れは以下の通り↓

 

●――もしもあの時ああしていたら。そう思うことが誰にだってあるだろう?

小学校の時に「将来の夢」というテーマで作文を書いていた夢を見ながら、太一は目覚める。

夢の中で「俺の夢は、野球選手に決まってんじゃん」というトーマ。そして「タイちゃんも言ってたじゃん。あったじゃん、やりたかったこと」と言う。

 

●高校では、太一と二葉、伊達が進路について話していた。

二葉は、花が好きだからそれに関連した仕事がしたいけど、まだ具体的に決まっていないため大学へ進学するという。

伊達は獣医を目指していて、北大と東大を受験するという。
ただ北海道になると「彼氏と遠距離になっちゃうね…」と心配する二葉。

一方、トーマは大会を控えて毎日激しいトレーニングをしていて、教室ではずっと寝ていた。3人はトーマが卒業後どうするのか知らなかった。

 

●まだ具体的に進路を決めていなかった太一も、ある程度の知名度があってある程度の偏差値の大学に行くのが自分らしいのかなと考える。

 

●放課後、水道のところで休んでいるトーマを見かける太一。

(「考えてみれば、本気でプロ野球選手を目指してたなら、もっと強豪校に行ってたはずだよな…」)

トーマの進路が気になっていた太一は隣に座って話しかける。

真剣な様子の太一に「どうしたタイちゃん?」と戸惑うトーマ。

しかし、部員の仲間にトーマが呼ばれ、話はできずそのまま別れた。

f:id:fluuche:20170510004854p:plain

 

●その後、家に帰る途中の太一は、駅の改札前で伊達がいるのを見かける。そしてその隣には年上の男性。

おそらく彼氏だと思った太一は思わず隠れる。
(「元陸上部の先輩だったっけ?たしかに見たことがあるような…」)

f:id:fluuche:20170510004912p:plain

 

●すると彼氏は改札前で離れて、伊達に手を振って帰っていった。

その後、まだ太一が遠くから伊達の様子を見ていると、財布を落としコインを散らばしてしまう伊達。

そのコインの1枚が太一のほうまで転がってきた。
仕方なく拾って、伊達のほうに持っていく太一。

すると振り向いた伊達は泣いていた――。

f:id:fluuche:20170510004829p:plain

 


スポンサーリンク
?

 

10話を読んだ感想・考察

最初の小学校の時の思い出のシーンでは、黒猫が出ていたけど、あれはどういう意味なんでしょうね。いちおう黒猫は不吉なもののイメージとして使われるものだけど。

太一がその朝に友達に話しかけられて、嫌な夢を見たんだと言っていたのもちょっと気になる。

別にパッと見はそんな嫌な夢には思えないけど、夢の中でトーマが「タイちゃんもあったじゃん、やりたかったこと」と言っていたことに関係しているのかな?

 

あと、太一がトーマはプロ野球選手を目指すならもっと強豪校に行ってたはず、と考えていたけど、これはやっぱりトーマは太一と同じ学校に行きたかったから、野球が強くなくてもこの高校を選んだとかいう意味なんでしょうか。

まあトーマが好きなのは太一だとはまだ決まっていないけど、今回もトーマの隣に座って太一が真剣な話をしようとしたとき、トーマの顔は告白を待つ女子のそれに近いように見えました。

 

あと、伊達さんが最後泣いてたけど、これもまた気になりますね。

これまでのBL・GLだという考察が当たっているのだとすれば、本当は好きじゃない男の先輩と付き合っているのが辛くて泣いてるとかそんなことなのかも?

 

うーん、2週間に1話でこのボリュームだとやっぱりなかなか進んでいかないですね。もっと早く読みたい…。

次回の11話は5月24日(水)に配信される予定です。


スポンサーリンク
?

青のフラッグ9話のネタバレ・感想!二葉が太一のことを好きになる?

青のフラッグ9話(4/26配信)のあらすじ・ネタバレや感想などをまとめていきます。

前回の8話では、迎えた体育祭当日、順調に応援や競技をこなすものの、いよいよリレー前のエールで二葉が動けなくなるというアクシデントが。

もともとクラスメイトたちは反対しつつも、トーマの提案で応援団に入った二葉と太一。もし失敗に終わったら3人の関係にも影響がありそうで心配…。

続きを読む